Q:別れた方がいいですか

手相とタロットの「占〜せん〜」
北海道旭川市神楽岡(かぐらおか)5条5丁目1-22
カナダプレイス205号室
女性専門 完全予約制
電話 050-7116-4756 繋がらないときは 050-5359-3108
この浮気者!!

26歳女性。彼が出会い系サイトで遊んでいます

彼氏とは2年のおつきあいがですが、この半年間彼が出会い系サイトにはまって遊んでいます。私が言っても言うことを聞かず、返って怒られる始末。別れるべきだと思うのですけど、別れた後新しい出会いはありますか。

手相では

感情線にクロスが出ていて、対人関係でトラブルを抱えていることがわかります。頭脳線にも障害線が出ています。第一火星丘にもクロスが現れているので、相談者は体を壊さないうちに彼との交際はやめた方が良さそうです。

タロットでは

彼氏がなぜ出会い系にはまっているのか、彼の気持ちをタロットで確かめてみました。彼氏は相談者との交際に飽きています。相談者を自己中心的な女だと思っていて、自分のやりたいことをさせてくれないと考えています。以前は相談者のひたむきなところが好きでしたが、いまはそれが重荷になっています。出会い系は自分の重荷を解放してくれるところだというのです。彼氏は自分の気持ちのままに生きていきたいと考えています。「全部あたしが悪いのね」と相談者はとても不満そうです。

アドバイス

彼氏との別れは決定的です。それでは相談者に新しい彼は現れるのでしょうか。ホロスコープでは後半年後にいい出会いがあるようです。それまでに気持ちの整理をつけてください。


ちょっと待ってよ、突然…

35歳女性。離婚した方がいいですか

11歳の男の子がいます。ご主人は半年前にリストラされて現在無職です。浮気はリストラ前からで、無職の現在も続いています。

手相を見てみると

頭脳線はまっすぐ長く伸びていて、物事を客観的に捉えるタイプです。結婚線は下降カーブを描いていますが感情線には達していません。運命線は35歳で中断し、その後また運命線が出てきています。金星丘のハリもありません。結婚生活に希望を見出せない状況が手相に反映されています。

タロットでは

相談者の心境は「月」不安と疑心暗鬼に苛まれています。夫婦の将来に希望が持てません。

夫は「悪魔」夫の心の弱い部分がこのカードに集約されています。

問題点は「運命の輪」逆。悪魔の心が争うことのできない運命に為す術もなく翻弄され、ついには誘惑に負けてしまったことを示しています。夫としても自分の現在の状況や浮気していることを快く思ってはいません。

対処法は「力」夫の辛さを理解し、忍耐力を持って受け止める必要があります。

結果は「死神」一つのことが終わって次のステージに進むことが示されています。妻は結婚の継続を望んでおり、この「死神」は危機を乗り越えることを示しています。

アドバイス

相談者は離婚したくなかったようです。息子さんには男親が必要と思っていましたし、夫は息子さんの面倒をよく見てくれるそうです。

相談者は悩んではいますが離婚はしたくありません。何度もそう言っています。それなら息子のためにも強い意志でこの難局を乗り越える覚悟を固めるべきです。


まだ好きかも

35歳女性。3年間付き合った彼と別れた方がいいですか

彼とは初めの頃は楽しかったのですが、この1年くらいはすれ違いが多く、会う時間も減りました。自分の年齢を考えても、違う相手と別の人生を歩んだ方がいいのかも知れないと思うようになりました。

手相では

頭脳線は直線的でバランスが取れています。状況に応じて対応できるようです。しかし頭脳線は生命線の上1/4から出ていることから、物事を慎重に捉えてあまり行動には移せないタイプのようです。運命線は34歳から2年分が消えています。結婚線は終点が小さく二つに分かれています。現在の状況を表しているのですが、今ならまだ修復は可能なようです。

タロットでは

彼の気持ちを占いました。彼は最初は結婚する気持ちがあったものの、仕事がだんだん忙しくなった上に昇進して責任が増えたこと、相談者に対してもマンネリの気持ちが強くなって来たことがわかりました。マンネリの気持ちは相談者も彼も同じのようです。

アドバイス

相談者から自分の正直な気持ちを彼にちゃんと伝えること。彼も同じモヤモヤした気持ちでいるのですから、それだけで修復ができる可能性もあります。そして結果のカードは「女帝」。相談者がしっかりした気持ちを持てば悪い結果にはならない、と励ましたところ、「私もできれば結婚したい」と、ようやく本心を明かしてくれました。運命線が2年間見えないので苦労はするでしょうが、自分を信じるように言い聞かせて店から送り出しました。

2年後、久しぶりに店を訪れた相談者。左手の薬指には指輪が光っていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする